コンテンツへスキップ

私が一番大切にしている着物は、黄八丈です。
着物が好きで、30着ほど持っているのですが、その中でも特別な存在です。私が着物を好きになるきっかけとなったのが、この黄八丈なのです。
この黄八丈は、祖母からの贈り物です。

といっても、直接貰ったわけではありません。
祖母は、80を過ぎてから、孫である私に黄八丈を仕立てたい、と思い立って、反物を購入したそうです。
けれどその直後に体調を崩して、針を持つことができなくなってしまいました。
一人での生活が無理になったため、病院に併設された老人ホームに入る事になったのですが、祖母は入所の荷物の中に黄八丈の反物を入れていました。元気になったら仕立てたい、という気持ちで。
けれど、針やハサミを持つことが中々ままならず、反物のまま退所の日を迎え、一緒に家に帰る事になりました。
けれど、すぐにまた体調が悪くなり、入院する事になって。
祖母は、そのまま、退院することなくなくなりました。

病院に持って行った荷物の中からは、また、黄八丈の反物が出てきました。
老人ホームに入所する時も、病院に入院する時も、ずっと仕立てたい気持ちで持ち歩いていたようです。けれど、それもかなわぬまま。
祖母のお葬式の後、それを知った母が、私に黄八丈のことを教えてくれました。そして、その反物をどうするのか、という話になりました。
私はそれまで、自分で着られる着物と言えば浴衣程度だったのですが、祖母がそこまで気持ちを込めてくれた黄八丈を着てみたい、と思いました。そして、母と相談をして、業者さんに仕立てていただきました。

幸い、街着として使えるデザインですので、私は何十回と、その黄八丈を着てきました。すでに八掛の裾がほつれてきており、そろそろ直しに出さないといけないのですが、それだけ何度も着てきたということでもあります。
祖母は、その着物が私の手に渡ったことも、私がそれを着ていることも知りません。
けれど、知ってくれたらきっと喜んでくれるだろうな、と、着付けるたびに思いながら、私はまた黄八丈を着て過ごすのです。

これ以外の着物を着る機会がなくなってしまったので、処分を考えています。捨てるのはもったいないので売れればな、と。神戸で売るならどこが良いのでしょう?【着物買取神戸

 

中学生からカミソリと毛抜きで自己処理していましたが剛毛で次の日にはポツポツ黒い毛が見えてしまうのでほぼ毎日カミソリで剃っていました。
高校に入る頃には肌が荒れてカサカサのひび割れのようになったり、毛穴のポツポツとしたシミが広範囲に出ていました。時には肌が赤く炎症を起こし痛みがあり皮膚科でステロイドの塗り薬をもらってなおしたこともありました。思春期で気になって剃りすぎていたのかもしれません。

大学では自己処理の回数を減らして肌を守るため長ズボンで過ごしました。肌は落ちついてもオシャレに制限がかかってストレスでした。
これはいけないと就職してすぐに脱毛を決めました。

次に脱毛経験です。まず地元の美容皮膚科で長年悩まされたヒゲの永久脱毛をしました。
もともと剛毛で効果がよくでたものの、痛みが私には強く終わった後はぐったりでした。その頃はまだ脱毛が高い時代でコースもなく1回8~9万円の都度払いで4回通って財布と心が折れました。ただ、脱毛はほぼ完了してレーザーがあたってないところだけに濃い毛が生えているような仕上がりでした。

脚が落ち着くとあまり気にしていなかった腕の毛も気になりはじめ、また脱毛したくなり次はあそこまで痛いのは避けたいと、痛みの少ないフラッシュ脱毛サロンでの腕の毛、へそ回り、うなじの処理をスタートしました。
部位が違い毛も脚ほど剛毛でないので比較はできませんがレーザー級の痛みがくるかもと身構えていたらビックリするほど痛みは少なくビックリしたのを覚えています。効果はレーザーに比べてゆっくりというのと毛自体の色が薄く少しずつなっている感じでした。8回でほぼ完了して残った毛はうすく自然な色でわからないぐらいです。

数年後にアンダーヘア脱毛ブームで友人から声をかけられ1回だけ一緒にブラジリアンワックスを体験しに行きました。べりっとするとき痛みはありますが驚きの方がまさりました。ツルツルの肌が出てきて生理中の嫌なムレのような貼りつき感がなくなりはじめは良かったのですが、後日埋没毛がでて赤くポツポツしました。1回しか受けて無いので続けたら変わるのかもしれませんが生えてくる毛は施術以前と同じでした。

リハビリ専門職としてフルタイムで働いていましたが、妊娠を機に体調不良のため退職。専業主婦となりました。
妊娠を機に生活も身体も大きく変わりました。

一つ目は身体の事で便秘気味になったことです。
つわりは他の妊婦さんに比べると軽いほうで中期に入るとほとんどありませんでしたが、便秘は本当に辛かったです。妊婦は市販の便秘薬は飲めないので産婦人科で処方してもらった薬のみです。
薬を飲むと楽になりましたが、飲み忘れると本当にお腹が苦しかったです。「私だけ?!」と悩んだ時期もありましたがインターネットで調べると私だけではなかったようなので安心しました(便秘解消妊婦)

二つ目は金銭面です。
今まで旦那と共働きで生活していたせいもあり、主婦になるまでは金銭的にかなり余裕がありました。週末に朝から晩までドライブに出かけたり、都内においしいものを食べに行ったり、毎週旦那と遊びまわっていました。

そんな生活から一変、旦那の給料だけでやりくりしなければいけなくなり、大慌て。家計の見直しをしてみると、通信費だけで月4万円、冬の間の光熱費は3万円を超えていました。さらに家賃と駐車場代を合わせて月9万円。他にもありますが固定費だけで給料のほとんどが消えている状態でした。完全に赤字です。

今まで全く自炊などしていませんでしたが、まずは毎日買っているコンビニ弁当・週末の外食をやめました。
さらに通信費の契約の見直しを行うだけで、大分出費は減りました。
旦那の仕事が終わるのが遅い時は、深夜にコンビニ弁当を食べることもありましたが、おにぎりを持たせて会社で食べてもらうことにしました。生活スタイルはだいぶ変わりましたが、確実に出費を減らすことができました。

しかしそれでぎりぎり黒字。これから子供が生まれることを考えるとどうしても貯金がしたいです。ベビー用品を買うのにもお金がかかります。
悩んだ末、私の両親のコネを使って非常勤として施設で短期で働くことにしました。大人になっても親に頼るなんて恥ずかしいという気持ちももちろんありますが、それよりもお金が欲しかったのです。ましてや妊娠中なので普通のところは雇ってくれません。妊婦ということで何かあったら困るのでフルタイムでの労働はできないこと、連日の出勤は控えるよう職場から言われてしまいましたが、何とか月5万円を捻出することができました。

さらにスマホのフリマアプリを使用していらないものを売るようにしました。アニメ関係の物や、未使用品の物は比較的高値で売れるので、お小遣いを稼ぐのにちょうどいいです。
1万円台の高値で売れた時は家計に入れるようにしています。自分で発送しなければいけないため、郵便局に毎回行くのは手間ですが、リサイクルショップに行くよりも格段に高く売れるのでオススメです。

退職してから娯楽費用は殆どなくなり、正直窮屈な生活です。今まで遊びほうけて貯金をまともにしてこなかったツケだと思って、頑張って節約術を身に着けているところです。